ChromebookのWi-Fiが繋がらない場合の対処法

IT

Chromebookで「Wi-Fiが無効になりました。」「利用可能なネットワーク情報がありません。」と表示されて困った場合、家でもできる対処法について、考えてみたいと思います。

端末の再起動

私は、わかっているけど、不具合が出た時は、デバイスの再起動を忘れてしまうことがあります。再起動でネットワーク接続できるかもしれませんのでやってみてください。

端末の再起動手順

再起動する理由は、デバイス側のキャッシュの影響でつながらないことがある、それをクリアにするため。

  1. 画面右下の時刻が表示されているところ(ステータストレイ)をクリックする
  2. 電源ボタンをクリックする

他のデバイス(PC、スマートフォンなど)が同じネットワークで接続できているか確認

他のデバイスで接続できている場合は、ネットワークには問題なくデバイス側の問題だと考えられる。

他のデバイスでも接続ができない状態であれば、Wi-Fiルータに問題がある可能性が高い。

例:スマートフォンで接続できるか確認

他のデバイスも接続できない場合、Wi-Fiルータの電源を入れなおしてみる

Wi-Fiルーターは電源ボタンが付いていないことが多いので、電源コードをコンセントから抜き、30秒~1分程度時間を置いてからコンセントに刺して電源を入れなおしてみてください。ルーターのトラブルの多くはこれで改善します。

ご使用のWi-Fi以外のネットワークで接続することができるか確認

特定のネットワークで不具合があるのか、他のネットワークも含めて不具合があるのかが確認できる。

例:テザリングでWi-Fiが繋がるのか確認

ご使用のWi-Fi以外で接続ができ、他のデバイスが同じネットワークで接続されている場合

端末に登録されたネットワーク情報を一度削除し、再設定を行う。

端末に登録されたネットワーク情報の削除手順

注意:Wi-Fiのパスワードがわからない場合は、行わないでください。

  1. 右下の時刻が表示されているところ(ステータストレイ)をクリックする
  2. 設定(オレンジの丸)をクリックする
  3. 切断をクリックする
  4. 再度、いつも行っているようにWi-Fiを接続してみてください。

Chromebookのアップデートを行う

アップデートを行う手順

  1. 右下の時刻が表示されているところ(ステータストレイ)をクリックする
  2. 設定(オレンジの丸)をクリックする
  3. 左側一番下にあるOSについてをクリックする
  4. 【アップデートを確認】をクリックして最新の状態にしてみる

ChromebookをPowerWash(工場出荷状態)にリセットする

※Google管理コンソールで管理されているChromebookはPowerWashできるかは、管理者に問い合わせてみてください
※ローカルにあるファイルをクラウドまたはUSBなどに移動(本体の保存されているデータがすべて消去されるため)
※Chrome拡張機能やインストール済みアプリもリセットされることがあるため、メモやスクショすることをおすすめします
※ユーザー辞書データも削除されるため、データをエクスポートして、クラウドに保存する

PowerWashの手順

  1. Chromebook からログアウトします。
  2. Ctrl+Alt+Shift+R キーを長押しします。
  3. [再起動] を選択します。
  4. 表示されるボックスで [Powerwash次の操作 [次へ] を選択します。
  5. 表示される手順に沿って、お使いの Google アカウントでログインします。
    : Chromebook をリセットした後、最初のログインに使用したアカウントが所有者アカウントになります。
  6. Chromebook のリセットが完了したら、次の作業を行います。
    • 画面の手順に沿って Chromebook を設定します。
    • 問題が解決されたかどうか確認する

これで改善されたらうれしいです。ご意見等あればぜひ、コメントまたは問い合わせよりメッセージをください。みなさまの少しでも役に立ちますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました